日本護身用品協会認定
「本物」護身用品

熊よけスプレーポリスマグナム16オンス(OZ)・ファイヤー・マスター

大容量・設置型の定番。山小屋、山間部の各種施設、学校、農園、企業向けのアイテムです。

b-610・4オンス・スプレーの写真
  • B-610・16オンス・スプレー正面の写真
  • ベルト装着の写真です。左右両用タイプです。
B-609・4オンス・スプレーの写真 B-609・4オンス・スプレーの写真
  • 左側に装着した写真
  • 右側に装着した写真
  • 山小屋、山間部の各種施設、学校、農園など、さらに登山者の皆さんや山間部で働く方々の、熊や野犬・イノシシからの護身用・必須アイテムとして20年以上の長期間に渡り大きな信頼を得ています。
  • 消火器のような勢いのある大量噴射で「動きの速い熊」にも確実に対応出来ます。設置用の大型スプレーとして多くの実績があります。
  • 本来はアメリカ軍・警察仕様のプロ用(対人間用)催涙スプレーですが、催涙剤(カプサイシン)の実効刺激濃度が181,000SHUと非常に高く日本の北 海道に生息する大型のエゾヒグマ以外の本州・四国に棲む小型・中型のクロクマ(ツキノワグマ)の「熊よけスプレー」として数え切れない程の熊撃退の成功実 績がありTMM社が自信を以ってお勧めします。
  • 噴射剤のカプサイシン(オレオレシン・カプシウム/OC)は植物性の微生物分解性です。UV染料の含有率も少量ですので自然環境を害しません。
  • さらにTMM社では定期的に生産直後の製品を直輸入していますので、ユーザーの皆様には、「3年以上」の日本国内・最長期間の有効使用期限がある製品を供給できるよう生産体制を整えています。
  • ポリスマグナム催涙スプレーは米国軍・警察を主要とした国家機関専用の高性能の催涙スプレーです。日 本国内最強・実効18万SHUのガス濃度、皮 膚表面(眼・鼻の粘膜)にすばやく浸透する「超親和性」で実戦で兵士の命を守る「超瞬間の即効性能」の実力でアメリカ軍にも正式採用されています。
  • TMM社の「ポリスマグナム」催涙スプレーは全て米国催涙スプレーの生産工場内でTMM社専用の催涙剤充填用の 生産ラインによって生 産されています。このことにより日本の「高圧ガス保安法」に基づく「35℃においてのゲード内圧力」の安定した生産体制を確立しています。アメリカ現地 生産を開始して、すでに30年以上を経過しています。
b-610・4オンス・スプレーの写真
[製品仕様]
本体寸法 直径54mm×長さ235mm
本体重量 380g
内容量 250g
噴射方式 C ジェット噴霧

射程3m先で約1mの円形になる。
噴射距離 6m
噴射回数 約1秒×8回
噴射成分 17%濃度のオレオレシン・カプシウム(OC)+UV混合液

熊よけスプレーポリスマグナム16オンス(OZ)・ファイヤー・マスター

16,524円(税込)

購入する


噴射可能温度(外気温)

[セ氏30℃からセ氏0℃]
■本OCスプレーの催涙剤には人間用、動物用として無害の不凍液が適量含まれておりセ氏5℃から0℃ほどの低温環境でも凍結しませんのでご安心ください。
但し、セ氏30℃を超える温度で更に直射日光に直射される状況で放置されると最悪でスプレー容器の液漏れや破裂の危険がありますので十分に気を付けてください。

■特に冬期(厳寒期)に携帯する場合は噴射ノズル部分に水滴(雨滴)が付着するとそのまま凍結して噴射レバーが作動しなくなります。ですからノズル部分を冬用のソックスなどで保温してからビニール袋などで防水処置をして携行していただくと安全です。

■過去の使用実例では山間部で従事していた測量会社の技師の方々がTMM社の熊よけスプレー(B-609)と専用ホルスター(N-4FM)をベルトに装着 していたところ、急激な天候悪化により雨滴が付着して、そのまま凍結してしまい、熊よけスプレーがホルスターから取り出せない。噴射ノズル部分も凍結して 動かせない。というトラブルがあったと報告を受けています。
ですから噴射ノズル部分の保温をした後にビニール袋などで覆う防水処置をしていただくと問題なく使用出来ます。

イノシシも危険です。

■全国の山間部、里山エリアに生息する「イノシシ」は近づくと襲って来ます。

■イノシシの歯は「カミソリ」のように鋭利で咬まれると刃物で切られたと同様の怪我を負います。

■イノシシは熊よりも遭遇する頻度が多く、注意が必要です。

TMM社ポリスマグナム噴射動画
TMM社、社長の寺田が直接、催涙スプレー噴射の説明をしています。
日本を代表する護身用品のスペシャリスト。■丁寧で分かり易い説明が好評です。
TMM社ポリスマグナム(B-610・B-609)噴射動画
■収録時間:8分22秒
(1)
B-610
16オンス・ファイヤーマスター
0:00~3:08
(2)
B-609
4オンス・ファイヤーマスター
3:09~8:22
TMM社ポリスマグナム(C-607・F-606・B-101)噴射動画
■収録時間:14分24秒
(1)
C-607/4オンス・コップトップ
0:00~5:57
(2)
F-606/3オンス・フリップトップ
5:58~11:21
(3)
B-101/1/2スピントップ
11:22~14:24
OC の説明

■オレオレシン・カプシウム(OC)の説明

  • 唐辛子などから抽出する辛味成分で自然食品(天然物質)である。正式名をOleoresinCapsicum オレオレシン・カプシウム(OC)という。 皮膚や目、鼻、ノドの粘膜に付着すると、ほとんどその瞬間から皮膚、目、鼻、ノドに火傷のような痛みの感触を生じさせ催涙効果と腫れを起こす。付着する量 にも関係するが10分~30分間は効果は続く。
UVの説明
  • 紫外線で発色する染料(UV)の説明
  • Ultraviolet(UV)ldentifying Dye(ウルトラバイオレット・アイデンティファイイング・ダイ/紫外線(光)で発色する染料)
  • 一度浴びると洗剤で洗っても1~2日間は痕跡が残るため証拠になります。
OC 濃度 17%
OC の
うすめ
成 分
  • ポリスマグナム・ネチュライザー共通
  • オレオレシン・カプシウム(OC)は劇物成分であり、そのままでは刺激が強すぎて催涙スプレーとして使用できない。したがって溶液全体の15%~17%の濃度になるよう「うすめて」使用可能になるよう調整されている。
  • 下記の主な「うすめ成分」等で調整して生産されている。
  • 尚「うすめ成分」の構成比率(%)は各メーカーの企業秘密に属しており公表されていない。
H2O(水)
  • 主なうすめ液として使用されている。
Propionic acid
  • プロピオン酸/無色の液体で不快な臭気を有する。
  • 防カビ剤として使用されている。
Glycol
  • グリコール/常温で無色の液体で多くのグリコールは甘味を示す。
  • 不凍液として使用されている。
噴射剤 HFC-34a(代替フロン)
アルミ容器内圧力 0.78~0.80Mpa(メガパスカル)
噴射する場合の安全ロック解除の方法 安全ピンを引き抜く。消火器の安全ピンを引き抜く操作と同様です。
応急処置
  • 皮膚、目、鼻、ノドに付着した場合は催涙剤の付いた衣類、メガネ、コンタクトレンズなどすべてのものを早急に取り除くこと。
  • 直ちに、キレイな多量の冷たい水で「痛み」や「ヒリヒリした感じ」が取れるまで洗い流す。そして新鮮な空気(風)にさらすこと。
  • クリーム、化粧水、乳液、軟膏、眼薬などは痛みや炎症、水ぶくれの原因になるので絶対に使用しないこと。
  • それでも痛みが治らない場合は直ちに医師に相談すること。その際オレオレシン・カプシウム(OC)催涙剤を浴びたということ。
  • おおむね1時間以上経過しても痛みがひどい場合は必ず医師に相談すること。普通は、時間の経過とともに痛みやヒリヒリ感も薄れて来て、感じなくなれば特別な後処置や医療処置の必要はない。
b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 斜め後から見た写真です。
b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 横から見た写真です。
b-610・4オンス・スプレーの写真 b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 容器の底面を見た写真です。
  • 後面から見た写真です。
  • 「高温に注意」と「有効使用期限」のラベルが貼付されています。大型の噴射口です。
b-610・4オンス・スプレーの写真 b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 噴射ノズル前面から見た写真です。
  • この噴射口から大量噴射します。
  • 噴射ノズルの後面から見た写真です。「SLIDE OFF BEFORE USE」
  • 使用する前に滑らせて、はずしてください。と書いています。
b-610・4オンス・スプレーの写真 b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 安全ピン(オレンジ色)を取りはずす際の写真です。写真のように人差し指で上方向に持ち上げるように引き抜くと容易にはずすことが出来ます。
  • 事前に練習しておくことが大切です。
  • 安全ピンを引き抜いて、すぐさま熊の足元辺りを狙って噴します。その際、大量ジェット噴射のため反動があり噴射方向が上向くのでスプレー容器を持つ手は強く握ってください。そして噴射しながら熊の頭部(眼や鼻)を狙います。
  • 噴射は一気に(連続で)噴射せずに、おおよそ1秒単位で発射してください。ジェット噴射で大量に噴射しますので1秒間の噴射でも相当量の催涙ガスが噴射されます。「撃ち損じる可能性」も考えて小出しで噴射することが大切です。
  • 噴射する場合は必ず催涙スプレー本体を垂直方向で操作してください。横方向や逆さ方向にすると、噴射剤だけが先に噴射されて最悪、催涙ガスが残ってしまうこともありますので、注意が必要です。
  • 噴射する場合は必ず射程5~6m以内に近づけてから噴射してください。
b-610・4オンス・スプレーの写真 b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 安全ピン(オレンジ色)を引き抜いた際の落下防止のために「ひも」を取り付けています。
  • 写真は事務用品の黄色の「とじひも」を使用しています。
  • ユーザーの使用方法が個々に異なるため、本スプレーの出荷時は「ひも」の取付けはしていません。
  • 出荷時には熱収縮フィルムで完全に包装されています。
  • 斜め後方から見た写真です。
■品番:N-16FM 16オンス・ファイヤーマスター用ホルスター
b-610・4オンス・スプレーの写真 n-16fm・4オンス・スプレーの写真
  • ホルスター正面の写真です。
  • ホルスター裏面の写真です。
n-16fm・4オンス・スプレーの写真 n-16fm・4オンス・スプレーの写真
  • 正面から見て左側を見た写真です。
  • 正面から見て右側を見た写真です。
  • スプレー本体の上部(噴射ノズル部分)のホルスターのカバー(上フタ)は寒冷期に噴射ノズル部分が凍結しないよう、防寒布地などを被せるスペースを意図的に作ってあります。
  • 但し催涙剤は不凍液も含まれており凍結しないので、ご安心ください。
  • 山間部の霧や雨滴の付着によって噴射ノズル部分が凍結して、噴射レバーや噴射ノズルを固着させないための対策です。
  • 一般的には防寒用の厚手の「くつ下」などを工夫して、被せて使用しています。
  • 防寒布地を被せない場合でも噴射ノズル部分の保護・固定ベルトがありますので、ホルスターのカバー(上フタ)に多少のスペースがありますがしっかりと固定されますので、携行時の違和感はありません。
n-16fm・4オンス・スプレーの写真 n-16fm・4オンス・スプレーの写真
  • 上面から見た写真です。
  • 上方向から見た裏面写真です。
n-16fm・4オンス・スプレーの写真 b-610・4オンス・スプレーの写真
  • 底面を見た写真です。
  • ホルスターの開き方の説明です。
    1番目:催涙スプレーを収納した時の写真です。
n-16fm・4オンス・スプレーの写真 n-16fm・4オンス・スプレーの写真
  • 2番目:催涙スプレーを固定・保護しているベルトをマジックテープをはがして開きます。
  • 3番目:ホルスターの上フタのホックを開けて、催涙スプレーを取り出すことが出来ます。
  • 催涙スプレーを収納する時は3番→2番→1番の順です。

山間部の雑草・雑木などの密生している地域を歩行すると雑木の枝などが接触して、催涙スプレーの噴射ノズル部分が、かなり傷付きます。また催涙スプレーの重さが380gと云う重さのためホルスターにしっかりと固定・保持されていないと携行し辛くなります。これらのことを解決するために噴射ノズル部分の保護と固定・保持をするため特別にベルトを装着しました。

防犯・護身・見守りなら当店におまかせ! 「杜の都のセキュリティショップ」


料金や警備に関するご相談・ご不明な点などお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせはこちらから

おすすめコンテンツ